「梅雨の時期はインナードライに要注意!」

「梅雨の時期はインナードライに要注意!」

「美人’s Word」では、AEAインターナショナルエステティシャンの資格を持つ、エステティシャンのプロフェッショナル、ラ・セーヌの中野インストラクターから、美にまつわるメッセージをお届けします。


今回のテーマは「梅雨の時期はインナードライに要注意!」です!

6月は梅雨により雨や曇りの日が多く、湿度が高い日も続くので、
肌表面がテカっていたりしっとりとし、肌状態が良いと勘違いしてしまいます。
でも実は、肌の角層深部の水分量が少なく、
内側が乾燥している‟インナードライ”という状態になっている可能性大!

では、なぜ内側が乾いているのに表面が潤っているように見えるかというと、
そのテカリは水分ではなく肌の脂浮きなんです。
肌は乾燥すると外側の刺激に弱くなり、これ以上の水分蒸発を防ぐために潤いをキープしようと一生懸命皮脂を分泌。
その皮脂を乾燥によるためとは知らず、
分泌された皮脂を取ろうと何度も洗顔したり、あぶらとり紙でふき取ったり、
ベタつくからと乳液やクリームをつけなかったりすると、
肌の乾燥をひどくしてしまうのです!

そして湿度が多いと発汗がうまく行われず、
余分な水分が排出されなくなり体調にも影響が。
東洋医学で「湿邪」と言われるその状態は、冷えやむくみの原因に。
それを解消するには、気温が高くなっても湯船に浸かる、
のり、きゅうり、セロリなどの水はけの良い食品を食べる、
トイレの回数をチェック(1日平均7〜8回が理想)したりと、
体内に湿を溜め込まない意識をしてみてくださいね!

「熱血!エステ日記」vol.10

「熱血!エステ日記」vol.10


「5月はお肌と心を意識して守ろう!」

「5月はお肌と心を意識して守ろう!」

「美人’s Word」では、AEAインターナショナルエステティシャンの資格を持つ、エステティシャンのプロフェッショナル、ラ・セーヌの中野インストラクターから、美にまつわるメッセージをお届けします。


今回のテーマは「5月はお肌と心を意識して守ろう!」です!

花粉が落ち着いたと思ったら、黄砂や大気汚染のPM2.5などで、
一年の内で最も空気が汚れていると言われている5月。
それに加え、7〜8月に次いで紫外線も強くなり、
肌の敵が沢山現れる時期なんです!
今、きちんとお肌を守ることに意識を向けることで、
未来のお肌を美しく保つことができます。
それにはまず、お肌についた空気中の汚れを落とすために、
帰宅したらすぐ洗顔してください。
そのまま放置していると、肌荒れを起こす原因になります。
そして紫外線。日焼け止めをこまめに塗る、日傘、サングラス、
車の運転をされる方はアームカバーで予防を。
紫外線は肌の老化を加速させます。
シミ、シワ、乾燥を未然に防ぎましょうね!

そして5月は心地よい季節ですが、湿度が低い時期なので、
あの気持ちのよい風がお肌を乾燥させる原因に。
この時期のお肌トラブルは、天気・天候と関係している場合が多いのです。
晴れの日が続くと交感神経が優位な状態が続くので、
肌荒れや普段できない吹き出物が出ます。
原因は自律神経のバランス崩れ。
五月病と言う言葉もありますが、自律神経が崩れると、
心が息切れしてグッと落ち込みやすくもなります。
予防策としては、睡眠をしっかりとる、一度に多くのことを頑張りすぎない
、栄養バランスの取れた食事をするなど。
この時期は意識して楽しむ気持ちが大切です。

お肌と心に敵が多いこの時期をポジティブに乗り越えていきましょうね♪

やる気ホルモンを出すには、「チロシン」というやる気物質を多く含む、
タケノコ、貝類を食べるのもオススメです!

「熱血!エステ日記」vol.9

「熱血!エステ日記」vol.9


「免疫力を高める5つの方法」

「免疫力を高める5つの方法」

「美人’s Word」では、AEAインターナショナルエステティシャンの資格を持つ、エステティシャンのプロフェッショナル、ラ・セーヌの中野インストラクターから、美にまつわるメッセージをお届けします。


今回のテーマは「免疫を高める5つの方法」です!

現代を生きる私たちは食品添加物や高脂肪食品の食べ過ぎなどを通して、
有害な毒素が体内に溜まりやすくなっています。
そして排泄できずに溜まると免疫力が低下し、体調不良を引き起こす。
解毒するのに最適で確実な方法はファスティングですが、
日々の生活でも実践できる5つの方法があるので、ご紹介しますね!

まず、腸内環境を整えること。
免疫細胞が最も集まっているのは腸と言われています(約70%)。
ヨーグルト、善玉菌を増やす納豆、抗酸化力の高いミネラル豊富な海藻、
ビタミンいっぱいの野菜を摂取し、腸を活性化させましょう。

2つめは体を温めること
免疫細胞が活発に働くには、体を温めることが重要です。
お風呂にゆっくり浸かる、生姜やにんにく、ニラ、ネギなどの
体を温める食材を摂ることもオススメです。
体温が1℃下がると免疫力が30%、基礎代謝は20%も低下してしまいます。

3つめは筋肉を強化する。筋肉には体温を作る働きがあります。
筋肉量が低下すると体温も下がるので、筋トレをするのもいいですね!

4つめは毎食よく噛んで食べること。
よく噛むと栄養素の消化、吸収を助けてくれます。
ひとくち20〜30回噛むことにより小顔効果も!
ただし30回以上噛むと、逆にエラ張りになりやすいので注意です!

そして最後はストレスを溜めないこと
これはラ・セーヌで是非、発散してくださいね!(笑)

1 / 512345

最新記事

page top