「秋バテに気をつけて!」

「秋バテに気をつけて!」

「美人’s Word」では、AEAインターナショナルエステティシャンの資格を持つ、エステティシャンのプロフェッショナル、ラ・セーヌの中野インストラクターから、美にまつわるメッセージをお届けします。


今回のテーマは「秋バテに気をつけて!」です!

秋になると日中の暑さが少し弱まり、徐々に過ごしやすくなりますよね。
朝晩は特に涼しくなります。
でも、この突然の寒暖差により自律神経のバランスが乱れ、体調不良を起こしやすいのです。
夏の間、屋外と屋内では10度近い気温差の中を行ったり来たり。
これが自律神経に少しずつ負担を与えています。
夏の食生活で冷たい飲み物、食べ物を沢山摂っていた方は、胃が冷えてしまい、
消化機能の低下を招き「内臓冷え」を起こしていることも。
”体がだるい・食欲不振・朝起きるのが辛い・頭痛・肩こり”など
様々な症状が秋に出ることを、”秋バテ”と言います。
秋バテを放っておくと、免疫力低下に。免疫力が下がると、
冬に風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。
しかも秋は台風により低気圧の日が多いので(低気圧は自律神経を乱します)、
余計に秋バテしやすい時期。
だからこそ、9月は身体を温めることを意識しましょう。

朝のコップ1杯の白湯も効果的です。
根菜類や旬のお野菜(かぼちゃ、さつまいもなど)、
温かい食べ物など、ビタミンミネラルが豊富な食べ物も◎。
そして入浴が大事です!
ぬるめ(37~39℃)の湯船にゆっくり入ることで、身体の内側まで温まり、
リラックスして質の良い睡眠モードに入りやすくなります。
アルゴディープブルーとか、ボディコースで身体を温めることも最高!
女性は特に身体を温めることで血流がアップし、筋肉も柔軟に♡

1年で一番不調が多い季節と言われている秋だからこそ、身体を温めて、秋バテを乗り越えましょう!

「熱血!エステ日記」vol.12

「熱血!エステ日記」vol.12


「身体の冷えに要注意!」

「身体の冷えに要注意!」

「美人’s Word」では、AEAインターナショナルエステティシャンの資格を持つ、エステティシャンのプロフェッショナル、ラ・セーヌの中野インストラクターから、美にまつわるメッセージをお届けします。


今回のテーマは「身体の冷えに要注意!」です!

7、8月は夏真っ盛りですね!
暑いから体は冷えてないと思われがちですが、
実は知らず知らずに冷やしている可能性があるんです。

外気温が高いので、冷たい飲み物やエアコンが効いた部屋ばかりにいませんか?
女性の身体は男性に比べて筋肉量が少なく、脂肪が多い体質。
女性らしいボディラインのためには適度な脂肪も必要ですが、
1度冷えてしまうと保冷剤のように身体を冷やしてしまうんです!
二の腕や太もも、ヒップの柔らかい部分を触ってみてください。
この部分は筋肉が少なく脂肪の多い部分。
ひんやり冷えているなら、体が冷えている証拠です。

冷えは自律神経を乱れさせる原因でもあります。
私達の体調維持にとても大きく関係している自律神経ですが、
実は冬よりも夏の冷えの方が乱れが激しいのです。
夏風邪も、自律神経が関係しているので治りにくくなります。
水分補給は常温の水、身体を温める食べ物を摂る、
シャワーだけでなく浴槽に浸かるなど、基本的な事ですが、
この先の美と健康のためにも冷え性対策をしてみてくださいね!

身体の芯から温まるアルゴディープブルーコースも、今の時期、最高ですよ!

「熱血!エステ日記」vol.11

「熱血!エステ日記」vol.11


「梅雨の時期はインナードライに要注意!」

「梅雨の時期はインナードライに要注意!」

「美人’s Word」では、AEAインターナショナルエステティシャンの資格を持つ、エステティシャンのプロフェッショナル、ラ・セーヌの中野インストラクターから、美にまつわるメッセージをお届けします。


今回のテーマは「梅雨の時期はインナードライに要注意!」です!

6月は梅雨により雨や曇りの日が多く、湿度が高い日も続くので、
肌表面がテカっていたりしっとりとし、肌状態が良いと勘違いしてしまいます。
でも実は、肌の角層深部の水分量が少なく、
内側が乾燥している‟インナードライ”という状態になっている可能性大!

では、なぜ内側が乾いているのに表面が潤っているように見えるかというと、
そのテカリは水分ではなく肌の脂浮きなんです。
肌は乾燥すると外側の刺激に弱くなり、これ以上の水分蒸発を防ぐために潤いをキープしようと一生懸命皮脂を分泌。
その皮脂を乾燥によるためとは知らず、
分泌された皮脂を取ろうと何度も洗顔したり、あぶらとり紙でふき取ったり、
ベタつくからと乳液やクリームをつけなかったりすると、
肌の乾燥をひどくしてしまうのです!

そして湿度が多いと発汗がうまく行われず、
余分な水分が排出されなくなり体調にも影響が。
東洋医学で「湿邪」と言われるその状態は、冷えやむくみの原因に。
それを解消するには、気温が高くなっても湯船に浸かる、
のり、きゅうり、セロリなどの水はけの良い食品を食べる、
トイレの回数をチェック(1日平均7〜8回が理想)したりと、
体内に湿を溜め込まない意識をしてみてくださいね!

最新記事

page top