「秋バテに気をつけて!」

「秋バテに気をつけて!」

「美人’s Word」では、AEAインターナショナルエステティシャンの資格を持つ、エステティシャンのプロフェッショナル、ラ・セーヌの中野インストラクターから、美にまつわるメッセージをお届けします。


今回のテーマは「秋バテに気をつけて!」です!

秋になると日中の暑さが少し弱まり、徐々に過ごしやすくなりますよね。
朝晩は特に涼しくなります。
でも、この突然の寒暖差により自律神経のバランスが乱れ、体調不良を起こしやすいのです。
夏の間、屋外と屋内では10度近い気温差の中を行ったり来たり。
これが自律神経に少しずつ負担を与えています。
夏の食生活で冷たい飲み物、食べ物を沢山摂っていた方は、胃が冷えてしまい、
消化機能の低下を招き「内臓冷え」を起こしていることも。
”体がだるい・食欲不振・朝起きるのが辛い・頭痛・肩こり”など
様々な症状が秋に出ることを、”秋バテ”と言います。
秋バテを放っておくと、免疫力低下に。免疫力が下がると、
冬に風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。
しかも秋は台風により低気圧の日が多いので(低気圧は自律神経を乱します)、
余計に秋バテしやすい時期。
だからこそ、9月は身体を温めることを意識しましょう。

朝のコップ1杯の白湯も効果的です。
根菜類や旬のお野菜(かぼちゃ、さつまいもなど)、
温かい食べ物など、ビタミンミネラルが豊富な食べ物も◎。
そして入浴が大事です!
ぬるめ(37~39℃)の湯船にゆっくり入ることで、身体の内側まで温まり、
リラックスして質の良い睡眠モードに入りやすくなります。
アルゴディープブルーとか、ボディコースで身体を温めることも最高!
女性は特に身体を温めることで血流がアップし、筋肉も柔軟に♡

1年で一番不調が多い季節と言われている秋だからこそ、身体を温めて、秋バテを乗り越えましょう!

最新記事

page top