page top

エステQA

死海が美容に良い訳は?

タラソとはギリシャ語のタラサ「THALASSA」=海を意味します。
また、タラソを利用したさまざま療法はタラソテラピーと呼ばれます。

美の湖として有名なイスラエルの死海。
ここに含まれる豊富なミネラルが美容に効果を発揮します。
アラビア半島西部、イスラエルとヨルダンの間にある塩湖「死海」。
地球上で一番低い場所に位置することでも有名です。ヨルダン川が流れ込んでいますが、出口がなく蒸発が盛んなため、塩分は20%以上にも達し、生物の棲息は不可能となっています。

では、生物が棲息不可能にもかかわらず、何故美容に良いのでしょうか?
その秘密は、何万年もの昔から天然水や川の鉱物が流入し、堆積した豊富な塩(ソルト)と泥土(マッド)にあります。
この塩と泥土に含まれている天然ミネラルこそが、肌をいきいきと保ち、いつまでも潤いのある若々しい素肌を保つのです。細胞の蘇生と再生に必要なミネラルを顔や体の肌に補給し、剥離作用で、老化した細胞を除去。新陳代謝が高まり、肌は美肌へと生まれ変わります。

古代の人々は、死海の水に若さと美を保つ効果があることを発見して、遠路はるばるこの塩湖を訪れたと言われています。
絶世の美女・エジプトの女王クレオパトラもしばしば死海で水浴したそうです。死海は自然の恵みから生まれた最古のエステティックサロンといえるでしょう。

エントリはこちら
page top